msh株式会社の商品は最高

msh株式会社がヘアケアの方法についてご紹介していきます

msh株式会社のラブ・ライナー ペンシルエクストラスムースが重宝します

あなたはアイラインはリキッド型?ペンシル型?どちらも一長一短あるので、両方持って使い分けるのが良いですね。今回ご紹介するmsh株式会社のラブ・ライナー ペンシルエクストラスムースは、ペンシル型のアイライナー。msh株式会社の同じラブ・ライナーシリーズのリキッド型アイライナーとは、また違った魅力がありますので、ご紹介したいと思います。

 

 

シャープナー内蔵型のキャップが便利

シャープナーがキャップの中に入っているので、キャップを閉めるだけで、自動的にペンシルが削られます。毎回あなた自身で削る必要がないので、とても便利です。また、使うたびに新鮮な描き心地を感じることができます。芯が柔らかいので、削りやすいのも良い点です。

 

msh株式会社のラブ・ライナー ペンシルエクストラスムースは使いやすいのが魅力

芯が柔らかくつくられていて、まつ毛の間も描きやすいという特徴があります。ペンシル型のアイライナーは、硬いものだとラインが引くにくく、何度も書かないといけないことがあるので、柔らかいタイプがおススメです。使っていて書きづらいなと感じたら、重ねて書くというよりも、少し強めにあててあげると書きやすくなりますよ。

耐久性もよく、一日使っていてもにじむことはほとんどありません。肌に密着してくれるので、長い時間よれることがありません。けっこうラインがクッキリしているので、落としにくいのでは?と心配されるかも知れませんが、意外にもぬるま湯で落ちます。肌を痛める心配が少ないので、オススメしやすいですね。

 

msh株式会社のラブ・ライナー ペンシルエクストラスムースの使い方

とくにアイライン初心者さんは、肌を痛める心配が少ないのでペンシルタイプがおススメです。それというのも、何度も何度も書き直さずとも、少しずつ書くことができるからです。

ペンシル型のアイライナーの使い方をご紹介します。まず、目じりから目の中央まで、次に目頭から目の中央までラインを引いていきます。リキッド型にも言えることですが、一気にラインを引くのではなく、まつ毛の間を埋めるように、書いていくのがコツです。目は開けていても閉じても構いませんが、引き終わったらまぶたを開閉してチェックしましょう。インサイドラインを引くと、より目がクッキリ見えるようになります。

リキッドタイプのように、綿棒を必ずしも用意する必要はありませんが、初心者さんの場合は、失敗した時のためにあると便利です。

 

 

msh株式会社のラブ・ライナー ペンシルエクストラスムースには美容成分が入っている

msh株式会社のラブ・ライナー ペンシルエクストラスムースはペンシル型のアイライナーですが、美容液成分が配合されていて、「メイクしながらスキンケア」できる商品です。この肌に優しい成分は、さすがmsh株式会社のラブ・ライナーといったところでしょうか。美容液成分としては、パンテノールカミツレ花エキス、セラミド、シルクパウダーが配合されています。またヒアルロン酸Naなどの保湿成分も含まれているので、使用後もパサつく心配がありません。

 

 

msh株式会社のラブ・ライナー ペンシルエクストラスムースまとめ

ペンシル型のアイライナーは、初心者さんにオススメです。急ぎの時や、外出先でのメイクなど、失敗できないタイミングではとくに重宝します。目の上下まmsh株式会社のラブ・ライナー ペンシルエクストラスムースは、ペンシル型なのに、美容成分や保湿成分が入っているのも特徴的。msh株式会社のラブ・ライナーシリーズの特徴をしっかり受け継いでいる商品です。

ペンシル型は柔らかく、ラインが書きづらいこともあるので、リキッド型のアイライナーと併用することをおすすめします。せっかくなら、msh株式会社のラブ・ライナーのリキッドタイプである、ラブ・ライナーカラーコレクションも一緒に試していただきたいです。